WEBサイト開発日記

PHPしかできないgmの開発メモです。

YouTube Data API v3でライブ配信の状態を取得する

YouTubeライブ配信は、普通の動画と同じようにYouTube Data API v3で取得することができます。
今回は、ライブ配信が現在、どの状態なのかを取得する方法を紹介します。

ライブ配信の状態とは

まず、YouTubeライブの配信状態には、3つの種類があります。

ライブ配信中に関しては言うまでもないと思いますが、赤い文字でライブ配信というマークが出ているのですぐに分かります。

ライブ配信予約は、YouTube上ではリマインダーっていう表示になっており、何日の何時に配信するよ~というのを予約しておくものです。実際に放送開始しない限り、なにも始まりません。

ライブ配信終了は、放送主が配信を切り終了した状態です。この後、少し時間が経つとアーカイブとして動画が残ります。この動画は普通に投稿した動画と何ら変わりません。

では、取得方法を説明する前にAPIで返ってくるステータス値は以下の通りです。

noneに関しては通常投稿された動画にも設定されていることに注意してください。

ライブ配信の状態を取得する

では、ライブ配信の状態を取得してみましょう。

ライブ配信のステータス値が返ってくるAPIは、

Videos: listSearch: list です。

いずれも、snippet.liveBroadcastContentから取得することができます。

partパラメータにおいて、snippetを指定することを忘れないようにしてください。

(番外編)ライブ配信の詳細な情報を取得する

ライブ配信の状態を取得する方法は分かったと思いますが、実は詳細な情報を取得することもできます。

取得できる情報は、ライブ開始時間、ライブ開始予定時間、ライブ終了時間、リアルタイム視聴者数、チャット取得用IDです。

これを取得できるAPIVideos: listのみで、partパラメータにliveStreamingDetailsを指定します。

各プロパティは、

  • liveStreamingDetails.actualStartTime (ライブ開始時間)
  • liveStreamingDetails.scheduledStartTime (ライブ開始予定時間)
  • liveStreamingDetails.actualEndTime (ライブ終了時間)
  • liveStreamingDetails.concurrentViewers (リアルタイム視聴者数)
  • liveStreamingDetails.activeLiveChatId (チャット取得用ID)

のようになっています。

当たり前ですが、ライブ配信中ではライブ終了時間を、ライブ配信予定ではリアルタイム視聴者数を、ライブ配信終了ではライブ開始予定時間・リアルタイム視聴者数・チャット取得用IDを取得することができません。

時間に関しては、 datetimeのISO 8601形式で、視聴者数はlong型、チャット取得用IDは、string型で返ってきます。

チャット取得用IDは、YouTube Live Streaming APIを利用してチャット内容を取得するために使います。

モバイル環境でのvideo.js-dailymotionのバグについて

久しぶりの記事ということで軽く


ある案件でフリーのプレイヤーフレームワークのvideo.jsを利用してるのですが、そこでdailymotionの動画を取り込みたいということでvideo.js-dailymotionというプラグインを使っている。

しかし、モバイル環境で動かすとなぜかシークバーが出てこないバグが発生することが分かったんですね。それだと動画を止められないっていうことで直すことに。。。

いきなり答えから申しますと

if (/MSIE (\d+\.\d+);/.test(navigator.userAgent)) {
 var ieVersion = Number(RegExp.$1);
 this.addIframeBlocker(ieVersion);
} else if (!/(iPad|iPhone|iPod|Android)/g.test(navigator.userAgent)) {
 // the pointer-events: none block the mobile player
 this.el_.className += ' onDesktop';
 this.addIframeBlocker();
}

これが問題のコードで、これはaddIframeBlocker()を呼び出しているわけだが、なぜかUAがモバイルだと条件的に呼び出されていない!
これは製作者の故意なのかミスなのか、わからないが修正しても動くので問題ないということで

修正版

if (/MSIE (\d+\.\d+);/.test(navigator.userAgent)) {
 var ieVersion = Number(RegExp.$1);
 this.addIframeBlocker(ieVersion);
} else if (!/(iPad|iPhone|iPod|Android)/g.test(navigator.userAgent)) {
 // the pointer-events: none block the mobile player
 this.el_.className += ' onDesktop';
 this.addIframeBlocker();
}else{
 this.addIframeBlocker();
}

と、まあこのように修正してみた。
しっかりシークバーも出るようになり他のバグもでていないので良しとしよう。

タブレットPCを買いました

みんな大好きアマゾンでぽちっとしました。

工学部生ですけどなにかとPCは必要になってくるそうです。

ちなみに買ったのはASUS TransBookT100HA-FU026TというタブレットPCで、アマゾン限定のメモリが4Gモデルのものです。確か購入時はセール中でしたので4万オーバーで買うことができました。

まだ買って数日なのでほとんどこのPCを使いきれてないです。実際タブレットPCの魅力であるタブレット状態で使用してません。てかどうやって外すのだろうか…あとでしっかり説明書を見ることにします。今の感想はまあ長く持ってくれればいいかなぁといったところです。

商品レビューのために記事を書いてるわけではないので特にレビューは致しませんが悪い買い物ではなかったと思っています。

タブレットに関してはNexus7 2013(確かこれもASUS製)を持っているのですが、こちらはAndroidですし、漫画鑑賞用に使用していくつもりです。

 

てかこのPCで開発できるかな…

ちょっとスペック的に心配だけどやってみます!